マンモリラクゼーションの新規ご予約枠について

今日は初夏のようなお天気ですね。
桜の開花も過去最速を記録しているところもあるとか。
寒い寒い冬を乗り越えてやっと美しい花を咲かせるわけですから、一気に咲いて散ってしまうより、蕾や数分咲きをしばらく楽しみたいようにも思いますが、どうなるのでしょうね。
こればかりは、自然のことですからね、、、。

さて、今日は、マンモリラクゼーションの新規ご予約枠に関するお知らせです。
マンモリラクゼーションの人気が更に高まり、これまで以上にたくさんの方にご来店いただき、スタッフ一同感謝しております。多くのメディアに取り上げられていることもあり、多くのお問合せをいただいておりますが、既存のお客様の予約枠を確保するためにも、下記のとおり、ご新規様に関する一部規制をさせていただくこととなりました。

対象:

  • はじめてマンモリラクゼーションを受ける方で、「定期コース」もしくは「継続コース」をご利用希望の方
  • 過去に「お試しコース」を受けた方で、今回より「定期コース」もしくは「継続コース」をご利用予定の方
 ※ ただし、「お試しコース」をご利用の場合は、対象外です

ご予約について:
  • 上記対象にあてはまる方は、3月末までの間、平日の11時~18時までのみがご予約可能となります。最終受付のスタートは、16時30分です。
  • 平日18時以降および、週末のご予約をご希望の場合は、4月以降にお問合せください。
  • なお、3月中でも急遽キャンセルが発生した場合等、平日18時以降および週末でも承ることができることもありますので、ご希望の方はその旨ご相談ください。
  • 上記にもありますとおり、「お試しコース」をご希望の方は、通常どおりご予約を承れます。

なお、すでに「定期コース」や「継続コース」をご利用中の方の新規更新につきましては、これまでどおり、ご希望の日にちを伺いながらご予約を受けさせていただきますので、ご安心ください。


サロンにてお会いできることを楽しみにしております。


池袋 東武カルチュアスクール「きれいをつくるおっぱい体操」

三寒四温という言葉をこの時期にはよく耳にしますが、
明日からは20度近くまで気温が上昇するとか。
春をとおりこして、初夏のような暖かさになりそうですね。

さて、期日迫ってからのお知らせとなりますが、
この度、池袋 東武カルチュアスクールにて、
「きれいをつくるおっぱい体操」という講座を開設させていただくこととなりました。

講師は、マンモリラクゼーション協会認定セラピストの山手麻貴子です。


弊社直営サロン「サロン・ド・カノン」でも大人気のマンモリラク ゼーションの
セルフケアバージョンである「おっぱい体操」は、女性ホルモンを
整えるための健康法で、女性特有の不定愁訴や現代女性のかかえるトラブルを改 善していきます♪

単なるバストケア、バストアップ方法ではなく、食事のこと生活のこと、
ひとりひとりが生まれもった性質、体質にまでおよんでお話ししま す。
女性限定のクラスです。お友達などお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。


詳細はコチラからご確認ください:
東武カルチュアスクールきれいをつくるおっぱい体操

※3月8日には、一日体験レッスンもありますので、ご都合があえば、ぜひお試しください。




ご予約時間および変更・キャンセルに関するお願い

いつもサロン・ド・カノンをごりよういただき、誠にありがとうございます。
本日は、マンモリラクゼーションのご予約の変更およびキャンセルに関するお願いについて記載させていただきます。

雑誌やテレビ、ブログなどの口コミを含め、マンモリラクゼーションやおっぱい体操に対する関心が益々高まり、連日満室の状況が続いております。そのため、ご予約時間より遅れてご来店された場合は、次のお客様の施術時間に影響が出ないように、施術時間を短縮させていただくこととなります。
当店といたしましても、なるべく柔軟な対応をさせていただきたいと思っておりますが、お時間には余裕をもってご来店いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、ご署名いただいております同意書内にもありますとおり、ご予約の変更およびキャンセルは、前日の18時までにお電話にてご連絡ください。(ご予約日前日の)18時を過ぎてから、もしくは当日のご連絡の場合は、1回分のご予約を消化したものとしてカウントさせていただきますので、都合が悪くなりそうな場合は、なるべくお早めにご連絡されることをおすすめいたします。
なお、施術中等理由により、電話に出られない場合もありますので、その際は必ず、留守番電話にメッセージを残していただきますよう、よろしくお願いします。

4月以降は、もう少しご予約が取りやすくなる予定です。
現在は、ご希望通りのご予約を承ることができずご迷惑おかけしておりますが、ご理解・ご協力のほどよろしくおねがいします。







 
line
footer bottom