白湯(さゆ)のつくり方

先日のブログ白湯について(はじめに) 、の続きです。

まず、簡単に復習です。
白湯の効果を最大限に引き出すには、

ホンモノの白湯

①どんな水を使うか?
②どうやって作るか?

③どうやって飲むか?
 
④どうやって保存するか?

が大切です。
というお話しをさせていただきました。

というわけで、今日は、②どうやって作るのか?のお話しです。

前回書いた、白湯の定義だけをみると、水を沸騰させれば良いということになるのですが、質の良い白湯にするには、作り方も大切です。

ここで言う「良い白湯」とは、アーユルヴェーダの理論に基づいたお話しとなります。

※ここで、そのアーユルヴェーダの話からはじめてしまうと、なが~くなってしまうので、それについては、インターネットや書籍などで調べてみてくださいね。


①先ず、やかんに水(※どんな水を使うのか?を入れます。
どれくらいのお水を入れるの?と思う方もいらっしゃるでしょうね^_^
半部位に煮詰めるので、最終的に作りたい量の倍以上を最初に入れると良いですよ。
(ステンレス製など)普通のやかんでもOKなのですが、(漢方薬を煎じる)土瓶でつくると、まろやかな白湯ができますよ~^_^でもまずはじめは、手元にあるものを使って始めると良いとおもいます♪)

②中火~強火で沸かします。
水道水をそのまま使う場合は、やかんの蓋をしないまま沸騰するまで沸かします。
浄水した水やミネラルウォーターを使う場合は、蓋をしたままでも蓋をはずしてわかしてもOKです。


③沸騰したら、さらに煮詰めます。
沸騰したら、蓋をはずして中火程度に火を弱め、半量になる程度に煮詰めてゆきます。
ここでポイントなのは、火かげん。弱め過ぎず、ボコボコと(沸騰)水蒸気の泡が出る程度が良いです。
(量にもよりますが)だいたい10~15分程度が目安です。
半量にすることが目安ではないので、早く煮詰めたいからといって、強火で煮詰めるのもNGです。
魔法の飲み物を作るわけですから、じっくり丁寧に作るといいですね。
アーユルヴェーダでは、1/2に煮詰めると、便秘薬、1/4に煮詰めると万能薬と言われています。

※火のかけ忘れにご注意ください!


以上です。
一度試して頂けるとわかると思いますが、作ること自体は、ぜんぜん大変じゃないですよ。
ぜひやってみてくださいね。
ただ、なんでもそうですが、続けることそれがポイントです♪
次は、(体質による)飲み方のおはなしです。

やかん
豆知識になりますが、やかんを漢字でかくと薬缶だって知ってますか~。
薬をつくる缶。まさに、白湯が便秘薬や万能薬になると言われるほどのものであることを、昔の方は知っていらっしゃったのでしょうね。







♥サロン情報♥

東京・恵比寿 ~ サロン・ド・カノン ~
営業時間:午前11:00~午後9:00(火曜定休)
住所:東京都渋谷区1-13-10
電話:
090-3435-7586
ご予約・お問い合わせ:
http://salondekanon.com/contact/index.html


メニュー

❤︎ロミロミ
❤ マンモリラクゼーション
❤ おっぱい体操
❤ 小顔・全身調整
❤ ホットストーン
❤ フェイシャル・エステ
❤ ガルシャナ

#あなたの体質と心身の状態、そして、あなたの悩みや症状に合ったトリートメントを組み合わせながら施術させていただきます。

 
 
line
footer bottom