女性ホルモンを整える「おっぱい体操」と「マンモリラクゼーション」で口コミでも大人気。神藤多喜子先生の認定サロン。

ハワイのヒーリング「ロミロミ」。伝統的な本場のハワイアンロミロミが受けられるサロン。認定ロミロミセラピストがお迎えします。

「母乳ケア・おっぱいケア」や、「授乳・育児相談/カウンセリング」、女性の婦人科系トラブルを改善する「助産師さんによるケア・プログラム」も受けられます。


卒乳について(質問と回答)

 本場ハワイのロミロミとマンモリラクゼーション・おっぱい体操のサロン・ド・カノンです★

助産師さん宛にご質問いただきました♪

ご質問内容は、

こんにちは。助産師さんに質問があります。

12か月の娘がいますが、そろそろ卒乳を考えています。ヘ(゚∀゚*)ノ
いきなり止めるのではなく、半年くらいかけるのがいいと聞いたのですが、具体的に、どのように進めていくのか、教えてください。

7、8か月頃から夜中の授乳はほとんどしていません。
家にいる時は、ほとんど母乳ですが、出先などでは粉ミルクを飲ませています。
離乳食は1日3食。おやつもしっかり食べてます。

---助産師さんより回答---

卒乳に関しては、育児書やネットなどに様々な方法が載っていていると思います。
ここでお伝えする方法も一方法になりますので、ご自分でお調べになったものと照らし合わせたりし、これかな?と思う方法で行ってみると良いかと思います。

因みに卒乳というのは、赤ちゃんの方から突然母乳を飲まなくなることを言います。
まさにお乳から卒業すると言う事です。

お母さん側の都合や、何かしらの事情で授乳を止めること断乳と言います。
よくお母さんから聞くのが、1歳の誕生日に断乳をしようと思います
というお話です。
そのような記念日に断乳を決めて、お子様に前もってこの日におっぱいバイバイね~と、お子様と話しておくと良いと思いますが、「この日」をいつにするかもお子様とちゃんと相談したほうが良いです。

相談者様の様に、離乳食やおやつをしっかり食べれている事や、母乳以外で水分補給が出来ていると言うのも大事なことですね。
そして、半年前でも1ヶ月前でもちゃんとお子様と話しておくことが大切だと思います。
いきなり明日からバイバイね!と言われたら、さすがにお子様も受け止められないかと。。。涙目

お母さんの都合だけで決めてしまっても、お子様がなかなか納得せず、予定通りにいかない事もあります。
もちろん、お子様がOKしていても予定通りにいかないこともあります。

なにしろ栄養・水分補給だけではなく、授乳の時間がお母さんとの触れ合い・癒し・安心などが得られるひと時でしたので、頭では理解したとしても、寝ている時に無意識におっぱい飲む~と泣きじゃくる泣泣泣こともあります。その様子に根負けして授乳再開!なんて事もあるようです。
そんな時はまた改めて日を決めて再度行う事になります。

本当にいま断乳した方が良いのかなど色々検討し、やはり断乳する!と「この日」を決めたならば、断乳をする前に「つまり」などトラブルが起きていないか確認してもらうことをお勧めします。

つまった状態で断乳すると、断乳中に乳腺炎を起こす場合がありますので要注意ですよ~

そして、徐々に授乳回数を減らすことをお勧めします。
夜中の授乳はほとんどしてないと言う事でしたが、断乳に向けてはその方が良いですね。

夜は母乳を作るホルモンが良く出てますので、授乳を続けてますと、脳はまだまだ母乳を作り続けるように作用します。出来れば日中の数回(2~3回位)までに減らして、脳にもう母乳を作らなくて良いんだと思わせておくと、断乳後のおっぱいの張りが軽くすみ、お母さんが楽だと思います。 張りは個人差が大きいですが、寝返りが辛い、抱っこが出来ない(ぶつかられると痛い)という事もあります。

一緒にお風呂に入るとおっぱいに触ったり、吸おうとしてきたりすることもあります。
服を着たままお風呂に入れましたという方もいらっしゃるようです。
断乳中はお父さんにお風呂に入れてもらったり、抱っこしてもらったり、遊んでもらったりなど、お父さんや、第3者の手助けがとっても大切になってきます。
ですから、連休などでお父さんやお手伝いしてくれる人が居る時に断乳の計画をするのがお勧めです。

例えば、土日にご主人が居るならば、金曜の早朝に最後の授乳をして終了。
その後少しずつおっぱいが張る事がありますが、2日後位がピークの方が多いようです。
日曜日にお父さんとお子様でお出掛けしてもらったりしても良いかもしれないですね~そして一般的には、最後の授乳の日を0日として、3日目頃に溜まった母乳を出すケアをします。

次は7~10日目頃にチェック、その後は2回目の状況で人によって違ってきます。
1回や2回でケアが終了する事もあります。
分泌具合によっては、数か月かかる方もいます。

そして、とっても大切なのは、お子様に「今まで母乳を飲んでくれてありがとう」と言葉で伝えてあげて下さい。

決して断乳中にお子様がおっぱいを触って来ても「おっぱいバイバイしたでしょ!」などと冷たくしないでくださいね。お腹すいたのかな?今ご飯作るね~。一緒に遊ぼうか~などと、他で気を紛らわすようにすると良いですね。

断乳の一方法をお伝えしました。
良かったら参考にして頂けたらと思います。

断乳後のおっぱいの形が気になるようでしたら、マンモリラクゼーションをやっておくと、形を保つことが出来ます。 カウンセリング・母乳ケア・マンモリラクゼーションも助産師コースで承っております。
よろしければご相談下さい♪♪♪

参考になれば、幸いです♥

関連キーワード
授乳・母乳・断乳・卒乳・方法・いつから?日にちを決める・気を付けること・乳腺・つまり・トラブル

JR恵比寿駅 徒歩3分
  サロン・ド・カノン

 ★営業時間 11時~21時
 ★電話番号 03-6277-1175
 ★お問い合わせフォーム
 ★アクセス




■ハワイアン巨匠直伝☆ロミロミ

全身・オイルトリートメント・ストレッチ・リラックス・筋肉疲労/凝り/冷え/睡眠の改善

■神藤多喜子先生のマンモリラクゼーション☆認定サロン
おっぱい体操・更年期障害・生理不順・生理痛・子宮筋腫・PMS・卵巣のう腫・にきび・肌荒れ・乾燥・妊活・マタニティブルー・マタニティ・産後ケア・体質チェック改善への生活アドバイス

■リラクゼーション&エステ☆その日の気分で
ホットストーン・ガルシャナ・フェイシャルエステ・ヘッド&フェイス・ボディケア・リフレクソロジー・ロミロミ(オイルトリートメント)・フレンチクレイ・スパメニュー 
★リラクゼーションメニュー 30分3600円、60分5250円



☆ロミロミ、マンモリラクゼーション、おっぱい体操のことなら☆

http://salondekanon.com