女性ホルモンを整える「おっぱい体操」と「マンモリラクゼーション」で口コミでも大人気。神藤多喜子先生の認定サロン。

ハワイのヒーリング「ロミロミ」。伝統的な本場のハワイアンロミロミが受けられるサロン。認定ロミロミセラピストがお迎えします。

「母乳ケア・おっぱいケア」や、「授乳・育児相談/カウンセリング」、女性の婦人科系トラブルを改善する「助産師さんによるケア・プログラム」も受けられます。


夜泣き!抱っこぐせがついちゃうから、抱かない方がいいの?

 本場ハワイのロミロミとマンモリラクゼーション・おっぱい体操のサロン・ド・カノンです★

またまた、助産師さん宛にいただいたご質問とその回答です♪

ご質問内容
夜中の授乳を止めてから、朝まで起きずに寝るようになったのですが、10か月頃から毎晩、夜中に起き出す泣ようになってしまいました。
寝始めてから4,5時間経ったくらいに突然、うつ伏せから頭を上げて、スフィンクススフィンクスのような状態になったり、そこからハイハイして前に進んだり、向きを変えてまたうつ伏せで寝ZZZ始めたり。。。
そのまま寝る時もあれば、抱っこするまで、ベッドの柵につかまり立ちをして、大泣き涙目する時も。。。

このような場合、泣いたらすぐ抱っこ♡すべきなのか、癖になるからNG止めた方がいいのか。。。

助産師さんからの回答
夜の睡眠について個人差はありますが、ちょうど10ヶ月頃のお子様は知恵や身体能力が発達し夜泣きが起きやすいと言われています

ですから、この時期に起きる夜泣きはお子様がこれから一気に成長する前触れだったりします。いろいろな事が出来る様になり、少しずつ感情ハートも豊かになってくる事で刺激に敏感になっている証拠です♪
昼間初めての人に会ったり、お母さんに叱られたり、またはTV・DVDや遊びで興奮したり、または逆にパパがいなくて寂しかったり、、、

そういったたくさんの感情を、夜中に処理しきれなくなってしまうのかも知れませんね。

また10ヶ月ころからお母さんの気持ちも敏感に察知するようになります。ママの気持ちが不安定になってしまっているとそれを敏感に受け取り、夜泣きに繋がる事も多い様です。

特に夢遊病の様に動いたり、半分寝ているような状態で泣いている場合は、その日あった事を夢に見て、現実と混同して泣いている事も多いのですエル

そんな時は、一度しっかり抱っこハートをして起こしてあげると泣き止む事もあります。しっかり抱きしめて「夢を見たんだね、大丈夫だよ」何度も語りかけてあげて下さい。気分転換に他の部屋に行ったり、少し外の風に当たっても良いと思います。

赤ちゃんはだっこされる事で安心感や満足感を得て、人との愛着や信頼関係を築くと言われています。

何れにしても、抱き癖は気にせずお母さんが出来る範囲で良いので、なるべく抱っこしてあげて頂ければと思います

夜泣きが続くとお母さんも「いつまで続くのだろう…」と途方に暮れてしまいますよね涙。でも夜泣きは必ず治まります。
辛い時にはお母さんも一緒に泣いたりして、お子様の成長の証であるこの時期を、なんとか乗り越えていきましょうね。

参考になれば、幸いです♥

関連キーワード
夜泣き、泣きやまない、赤ちゃん、夢、夢遊病、抱っこ、抱き癖、抱っこぐせ、クセ、

JR恵比寿駅 徒歩3分
  サロン・ド・カノン

 ★営業時間 11時~21時
 ★電話番号 03-6277-1175
 ★お問い合わせフォーム
 ★アクセス




■ハワイアン巨匠直伝☆ロミロミ

全身・オイルトリートメント・ストレッチ・リラックス・筋肉疲労/凝り/冷え/睡眠の改善

■神藤多喜子先生のマンモリラクゼーション☆認定サロン
おっぱい体操・更年期障害・生理不順・生理痛・子宮筋腫・PMS・卵巣のう腫・にきび・肌荒れ・乾燥・妊活・マタニティブルー・マタニティ・産後ケア・体質チェック改善への生活アドバイス

■リラクゼーション&エステ☆その日の気分で
ホットストーン・ガルシャナ・フェイシャルエステ・ヘッド&フェイス・ボディケア・リフレクソロジー・ロミロミ(オイルトリートメント)・フレンチクレイ・スパメニュー 
★リラクゼーションメニュー 30分3600円、60分5250円



☆ロミロミ、マンモリラクゼーション、おっぱい体操のことなら☆

http://salondekanon.com